※このWEBサイトは、INTERLINK (インターリンク)のご案内サイトです。ご利用方法の詳細は、インターリンク公式サイト でお確かめください。
固定IPアドレス、ホスティングサービス、ドメイン取得のインターリンク。サービスのご案内 インターリンク INTERLINK
ソーシャルブックマーク
  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマークに追加  ライブドアクリップに登録する  FC2ブックマークに登録する  del.icio.usブックマークに登録する  GoogleBookmarkに登録
固定IPサービスならインターリンク!
複数固定IPアドレスでは、業界最安値水準!
固定IP 1個 2,100円〜。8個 7,350円〜!
インターリンク INTERLINKとは?
プロバイダ、レジストラ、レンタルサーバなど総合的な事業を行っています。
固定IPに定評があります。複数固定IPアドレスは業界最安値水準!
日本で初めてインターネット接続に、無料のオリジナルメルアドを付加。
 
インターリンク INTERLINKとは?
無料体験プロバイター!今なら無料で全てのコンテンツを体験できます!
インターリンクでは、住所や電話番号などの入力不要でフレッツの接続が可能!
インターリンクのフレッツ接続は、最短3分で接続できる!
 
固定IPサービス(ZOOT)
◇ インターリンクのサイト画面から、下記手順にて全ての選択・申し込みができます。
◇ 固定IPアドレスがあれば、自宅サーバ、自社内サーバの構築ができます。
固定IPサービス(ZOOT)申し込みの流れ

固定IPサービス(ZOOT)の詳細 料金一覧 固定IPサービス(ZOOT)のお申し込み



固定IPサービス(ZOOT)のオプション説明
◇ さまざまなオプションが用意されています。
オプション名
特徴 料金 固定IP
なし
固定IP
1個
複数
固定IP
<よくばりメール
(もれなく付属)
独自ドメインのメールアドレスが10人分。1GBファイル転送可能のドデカメール。ケータイアドレスポータビリティー。
無料
ZOOTサービス・
ネームサーバ変更
固定IP1個用のオプションです。任意ホストへの逆引き登録・セカンダリDNS、ネームサーバー情報変更をご提供します。
有料 -
-
複数固定IP
逆引きオプション
固定IP8/16/32/64/128用のオプションです。
任意ホストへの逆引き登録を行えます。
有料 -
-
複数固定IP
ネームサーバ変更
固定IP8/16/32/64/128用のオプションです。
ドメインのネームサーバー情報を変更するサービスです。
有料 -
-
フレッツ・スポット NTTが設置した全国各地のアクセスポイントを介して、最大50Mbpsの高速無線LAN接続ができるサービスです。 無料

固定IPサービス(ZOOT)の詳細 料金一覧 固定IPサービス(ZOOT)のお申し込み



インターリンクのサービス・詳細はこちらからどうぞ。



インターリンク


インターリンク のご利用ガイド
お支払いについて よくあるご質問
お支払いは以下の方法の中から選択できます。

■ クレジットカード
・クレジットカードがご利用できます。
VISA/MASTER/JCB/AMEX/DC/NICOS/
セゾン SAISON/ライフ LIFE 
など

■ NTT請求書支払い・tabalまるごと決済
・NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモと一緒のご請求となります。

■ 口座振替支払い
・お客様指定の口座から料金の引き落としが行われます。
固定IPアドレスはグローバルIPですか?
・提供する固定IPアドレスはグローバルIPです。

■ マイドメイン1000は申し込み後、すぐに利用可能になりますか?
・お支払いの完了とともにご利用可能となります。クレジットカードの方が手続き上、早く利用できます。

■ ドメインの登録はいつ完了しますか?
・お申し込み完了後、リアルタイムで登録が完了いたします。しかし使用に際しては、ネームサーバーの浸透時間として24時間程を考慮して下さい。








固定IPアドレス 豆知識
固定IPアドレスの利点

IPアドレスの割り当て方法

IPアドレスの割り当ては、大きく分けて2つに分類され、「動的」および「固定」とがあります。

動的IPの割り当て

プロバイダなどがユーザーに対し、一定時間ごとにI変化するIPアドレスを割り当てる方法です。24時間〜48時間の有効期間を過ぎた動的IPアドレスは、プロバイダに返却され、他のユーザーに再度割り当てられます。とても一般的な割り当て方法ですが、この方法では、IPアドレスが時間とともに変化するため(接続ごとにIPアドレスが変わることもある)、サイト、ホームページ用のサーバ運営は行えません。

固定IPの割り当て

プロバイダなどがユーザーにIPアドレスの変動しない、固定IPアドレスを割り当てる方法です。用途としては、固定したIPアドレスが必要となる、法人のサーバ、個人のサーバが考えられます。

法人の場合、自社サイトのためのサーバを社内に設置する場合が主です。事業者により、外部サーバを使用する例もありますが、商用サイトが、会社の経営や信頼に深く関与している場合は、自社サーバが構築されます。固定IPアドレスの数は、アクセスの集中を分散させるために複数とすることが多いようです。

プライベートな趣味や個人事業者でも、レンタルサーバを利用せず、自宅サーバや自社サーバを設置するケースもかなり多いようです。サーバの設定が自由にでき、サーバトラブルにおいても他人まかせでない、迅速な対応ができるからです。

固定IPアドレスをサービスするプロバイダ

固定IPを希望するユーザーに対しては、対応可能な各種プロバイダがサービスを提供しています。しかしサービス内容や料金は、様々です。やはり、プロバイダ選びは、信頼性、技術性、および価格性を重視して行いたいものです。インターリンクは、プロバイダとして技術と実績が十分で、複数固定IPサービスでは業界最安値水準であるため、適格といえるでしょう。

■逆引き

DNS(ドメインネームサーバ)を使ってIPアドレスをドメイン名に変換するサービスです。通常のネットユーザーにおいては、特に必要となることはないでしょう。しかし、商用のサイト運営、メール管理、セキュリティーには威力を発揮します。ログ(通信記録)に残ったIPアドレスの詳細な解析ができるため、アクセス統計情報の作成、詐称アクセスの防止、スパムメールの防止など、有効な活用が可能で、商用サイト運営においてはぜひとも欲しいサービスです。


固定IPサービス(ZOOT)の詳細 料金一覧 固定IPサービス(ZOOT)のお申し込み

インターリンクのサービス・詳細はこちらからどうぞ。



ドメイン取得 豆知識
ドメインは大切な財産!

■最重要なこと

ドメインの管理は大変重要です。サーバーはホームページ運営の重要な項目ですが、サーバーの調子が悪ければ交換(レンタル業者を変える)する事ができます。しかし、ドメインはホームページの運用期間やインターネットでの実績、評価が上がるにつれ、そのホームページとイコールの価値を持つものとなり、容易に交換や取替えができなくなります。つまり、一度獲得したドメインに対する信頼度や評価は大変、価値あるものになっているという事です。ある日突然・・・「レンタルサーバー業者がサービスを休止してドメインまで使えなくなってしまった!」 「ドメインの更新を申請したが返事もなく、期限が過ぎたらどうなるの?・・・・」などの最悪の事態を防ぐためにも、ドメインは信頼のおける業者で管理してもらう事が重要です。

■正規レジストラ

現在、すべてのドメインはICANNという機関が管理していて、このICANNから正式に認定を受けたドメイン登録業者をレジストラと言います。レジストラの下層にはドメイン登録代理店やレンタルサーバー業者などがあり、ドメインを再販する業者は多数ありますが、正規レジストラは全世界で百数社、日本では6社しかありません。個人・法人を問わず、商用目的で利用するユーザーの方は、信頼と実績のあり、ICANN認定正規レジストラの「インターリンク」などで、ドメイン取得・管理するのがオススメといえるでしょう。

■ドメインの種類と意味

ドメインには、世界中の誰でもが取得できる gTLD(一般トップレベルドメイン)と、原則としてその国に在籍する人しか取得できない ccTLD(カントリーコードトップレベルドメイン)等があります。
日本国内で使用するのであれば、.com .net .org .info .biz .jp などが知名度が高く、もっともポピュラーなドメインです。

gTLD(一般トップレベルドメイン)  ※世界中の個人・法人を問わず自由に取得できるドメインです。

.com commercialの略で個人・法人・商用を問わず、ほぼ何でも利用できる最も汎用性が高いポピュラーなドメイン。
.net networkの略で個人・法人を問わずネットワークを対象としたポピュラーなドメイン。
.info information の略で情報サイト等を対象としたドメイン。.com .net と同様ほぼ制限がなく汎用性が高いドメイン。
.org organizationの略で会社などの組織に属さないグループ(非営利団体・サークル等)対象のドメイン。
.biz 法人、自営業など、商用、ビジネス関連を対象としたドメイン。

ccTLD(カントリーコードトップレベルドメイン)
  ※原則として国籍に制限がありますが、 .cc などは誰でも取得できます。

.jp 日本を意味するドメイン。
.cc ココス諸島を意味する。オシャレで語呂の良いドメインで人気。

ccTLD(カントリーコードトップレベルドメイン)
 ※個人では取得できないものや、取得できる数に制限があります。

.co.jp 日本の株式会社・有限会社向けドメイン。
.ne.jp 日本のネットワークサービス向けドメイン。
.gr.jp 日本に在住する個人または法人で構成される任意団体。



ご利用方法の詳細は、インターリンク公式サイト でお確かめください。   運営会社相互リンク集
Copyright ©インターリンク ご案内 2006-2018 All rights reserved.